Home

おいしいお茶みつけたっ! - 情熱♪ぶろぐ

師走便り

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2014年12月06日 10:49

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
ご無沙汰してしまいましたーーっっ。無事です、健康です♪
前回の教訓(今春は途中で体調崩して帰国後ほぼ3週間使い物にならず・・・)を得て、
今回は体調一番に気をつけていたこともあってか、滞在中も帰国後もすこぶる調子が好いっ♪
で、帰国してすぐに年内年初仕上げの仕事にとりかかっていました。
11月下旬までには山を超えてお茶の続きに戻って、、、と集中していたのですが、結局12月に入ってしまったぁ~~。
やっとめどがたちホッとしたところ。。。で、こっちの世界に戻ってこられました~♪(笑笑)

さーて、お茶たち、お待たせいたしました!!!

 

◆品茶ご希望者(14春鉄観音、他過去単品等)、数日内に発送しまーす☆

14秋に出発してからここまでに品茶ご希望メールくださったみなさま!
本当にどうもありがとうございました♪
ひとり山で奮闘中にいただいた品茶希望メールは、心の底からありがたくて。。。、日々のパワーの源でした☆

大変おまたせいたしました、発送準備進めていまーーーす。
14春茶は現在、深みが増して好い状態になってきていますよーー!!!
とってもおいしいのが届きまーす(笑笑)、どうぞお楽しみに~~♪

そうそう、14春茶と言えば!!!

実は今年の春鉄、「手工(手揉)」好きな方に、とーーーってもお勧めーーっっ☆
手揉ではないのに、手揉に似ているの!手揉で仕上げた趣がある、というのかな!!
それも3種中2種にーー♪ 【初代樹】&【凛王】
かなり大物で、ちょっとやそっとじゃ動かない、なめてかかると心を開いてくれないーーっっ(笑笑)、そんなイメージ♪
ゆったりとした時の中で、ゆっくり抽出して楽しんでいただけると、それは驚くほど長く&果てしなく澄んで深く、
商業用の茶葉とは明らかに違う素晴らしい手工の世界へ誘ってくれます~♪

すでに飲んでくれたある茶友からはメールで、『これ、いつまでも出て困ります~~。終わったと思ってもまだ続く!(席が立てない)』だって(笑笑)。嬉しいな~~♪

ポイントは、「抽出を急がない」こと☆
それから、茶具はあちあちに温め、常に熱湯を使い、茶葉に高温を与え、実力が開きやすい状況を作ってあげること☆
ちょうど今は気温が低く、高貴な希少香気をチャッチしやすい季節になっていますので、ぜひゆっくり腰をおろして、
その優雅さの妙(「これで終わりなのかな?」「もう開かないのかな?」と思った先に実は次の世界が待っている)を、
その持続力の深さと共にお楽しみくださいませ~♪

 

◆品茶希望者募集中ー☆便乗大歓迎!

14春茶、まだの方&単品ご希望の方、現在の発送作業にどうぞ便乗してくださーーーい!!!(笑笑)
メール待っていまーーす♪14春鉄観音≪品茶セット≫
もちろん、今秋の心の隊員も継続募集中~☆14秋鉄観音《心の隊員》おとんの家から大募集ーーー♪

それでは、とりいそぎこれにて失礼を~♪

14秋鉄観音《心の隊員》おとんの家から大募集ーーー♪

(※しばらくこの記事が最初の方にくるよう調整します。次の記事も見てみてねっ!)

手間と時間をかけ、心と技術を惜しみなく発揮することで生まれる、記述できない伝承のおいしさ♪
この価値を感じてくれる人は、まだきっといる、そう信じて。。。今秋も《心の隊員》、募集しますっ☆


◆ご縁あってこの記事を見てくださったみなさま!

完全に絶えてしまう前に、どうか試しに飲んでみていただけませんか♪
時代が変わり人が変わり、二度と飲めなくなるその前に。。。よろしくお願い致しますっ☆

 

◆茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!

今秋は、思いもよらないことになっていますーっっっ。
なんと、到着翌日におとんが体調不良で山をおり、そこからこの大自然の高山の家で一人暮らしながら、
連日ひとりでお茶を作る。。。という展開にーーーッッ☆
どうか参加して応援してくださいーっっ、よろしくお願いしま~~~すっ♪


作る茶葉は、もうこれからは、非常に希少価値の高い「老茶樹のみ」、それしか作りませんっっ!!!
その品種は全て、まだ電気のない原始的な時代の「天然野生紅芽」、今は無き本物の「純正鉄観音」です☆
こうなるまでの経緯は、14春鉄観音《品茶セット》をご参照くださいませ。(←14春鉄観音、現在大募集中♪

天地からの贈り物のようなその神秘的な香りと味わい、液体を口にした時の表現できない感覚的パワーは、
飲んでくださるみなさまの心と体をも、きっと次のステージへ連れて行ってくれることでしょう~~☆


茶友が少なくて、コストのかかる希少な茶葉がほとんど現金化せず、しんどい年月が続いていることに
変わりはありません。しかし、状況は少しずつ変わってきています。こちらでは最近になって『伝統法』や
『古法』などに興味を持つ人が増えてきました。まだ少数派ではありますが、希望の兆しかも。。。
しかし、もしも茶友が増えても、今は何が原因で作れなくなるか、本当にわからない時代になっています。

作れるのは今日が最後の日かもしれないッッ!!!
毎日そんな覚悟で、目の前の茶葉に精一杯を注いでいます。
きっと茶友は増えるっ、まだきっといるっ、未来を信じてーーーっっ☆
今夜もがんばっていますよおおおーーーっっ♪


満天の星星がキラメキ、冷え込んできました。
今、私の横では、16号が湧き上がるようにその香りを放ち始めています~~っ♪

瀕死の状態から復活した、南山の老茶樹。(ご参照:13秋《心の隊員オプションセット》ご紹介♪
昼間摘みたての時は、光沢があって、生命力強く、成熟度ビンゴで、みんな揃って輝き、なんと美しかったこと☆
鉄観音原生の香りと、青りんご香が立ち上がってくるような、深いのに爽やかに甘く層の厚い香りを発散し、
「これめちゃくちゃ好いお茶になるーーー☆」、見た瞬間ワクワクでしたーー!!!

揺青終わった今は、ものすご~っっく甘いココナツオイルに、フレッシュMixフルーツジュース。。。
高級バナナ、若いメロン、完熟リンゴ、搾りたてミルク、ココナツミルク、イランイラン、プルメリア。。。
おおー!まだ爽快なアップルスパークもーーっっ☆
このまま明日まで天と合致すれば。。。あああーーっっ、おいしいお茶になるーーーっっ♪(笑笑)


こういうお茶を分け合える仲間を探しています、本当に必要としていますっ!!!
高い茶葉かもしれませんが、それ以上の価値があると心から思っています。

『こんな高い茶葉、どうやって飲めばいいのか分からない~』『手がつけられない~』
そんな声を頂きました。。。そうか、そうなのか、そうかもしれないーーッッ。
確かに普通の茶葉のように飲んでしまったら、好いは好いけど・・・、超勿体ない。

ナビゲーター必要ですか???喜んでーーっっ♪
もしも、飲み方のナビを希望する隊員がいらっしゃれば、「初心者向け品茶会」検討いたしますので、
参加申し込みの時に、どうか怖がらずに(笑笑)おっしゃって(書いて)いただけませんか、
「堪能する方法☆=楽しみ方♪」、ぜひお伝えしたい、よろしくお願いしまーーすっ♪


それでは、14秋《心の隊員》おとんの家から大募集ーーっっ☆
新しい茶友も、しばらく休んでいた茶友も、いつもの茶友も、みんなみんな大歓迎~~♪
どうぞよろしくお願いいたしまーすっ!(10月16日深夜書)

【投稿日時2014年10月28日01:26】

***********************************************************************

※必ず最後まで読んで、内容を理解し、ご了承くださった上でご参加ください。
※参加連絡くださった方は、内容を全てご理解ご了承の上、と受け止めます。


★《心の隊員》とは?

現場での製茶には参加できないけれど、ともに《心》で製茶参加してくれる、茶友のことです♪
・伝統製茶に挑戦する《心》
・収穫成果を分け合う《心》
・仕上がり茶葉を飲む《心》  etc
一心でどんなお茶がどのくらい飲めるのか、製茶最後まで誰にも予想がつかないので、
別名《心中覚悟の隊員》とも言いますッ☆(笑笑)
トップページからの 「心の隊員」も合わせてご覧くださいませ。

★順番にご説明します、それぞれよくご確認いただけますようお願いいたします。

☆ 1.募集期間
☆ 2.募集内容
☆ 3.参加条件
☆ 4.お茶代
☆ 5.送料
☆ 6.郵送方法
☆ 7.お届け時期
☆ 8.お届け内容
☆ 9.参加方法
☆10.《心の隊員》限定特典

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆1.募集期間

情熱♪ぶろぐで、《心の隊員セット》 の内容詳細を紹介するまで」

※《心の隊員》がひとり増えるたびに、士気が高まりますっ☆
「今すぐっ!」参加してくださーいっっ♪

※《心の隊員セット》の内容をぶろぐで紹介した時点で、募集は一旦終了しますが、活動継続のためにも、
その後の参加も歓迎します。(一年間目安)
その代わりに、本来の《心の隊員》の目的である「結果どうなるかわからない段階で参加」の隊員へは、
記念に心ばかりの「おみやげ」をプラスしてお届けしますネ☆

※すでに《心の隊員》が、内容詳細みてから《心の追加》するのは大歓迎~~~♪
どんどん増やしてくださいね~。(笑笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆2.募集内容

・一心=10,000円(送料別)

※ご参加の(あるいはそれに近い)心数分の14秋鉄観音を、《心の隊員セット》の形でお分けします。
1.「隊員セット」 :セレクト茶葉、1心分
2.「副隊長セット」:全種(研究茶以外)×1袋、製茶終了まで予算未定
3.「隊長セット」 :全種(研究茶以外)×3袋、製茶終了まで予算未定

※12秋より《心の隊員セット》のスタイルが変わりました。 《心の隊員》、 変わりますっ♪でご確認ください。
「副隊長セット」と「隊長セット」は、製茶終了し私が内容発表するまで、いくら必要かわかりません。
そのため、参加の際の心数は『予算目安』としてご連絡いただき、内容発表後に『予算目安』に近いセットを
選んでいただくことになります。私と一心同体の気分を味わうことになります!!!(製茶終了するまで本当に
いくら必要なのかわからないので)。。。、ご覚悟ください☆

※セレクトでどのひとつを取っても、現在では非常に希少な、本物の伝承の伝統鉄観音です♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆3.参加条件

「隊員として情熱♪ぶろぐで継続して状況を追う(14秋天♪鉄観音)& 今春の旅日記14春天♪鉄観音を読む」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆4.お茶代

「茶葉が届いてから」

※《心の隊員セット》がお手元に届くまで、《心の隊員》として自己管理をお願いしますっ☆

※理由は、もしも無事に仕上がったとしても、その茶葉そして私自身が何らかの事情で
日本に届かない可能性もあるからです。(冗談で言っているわけではありません。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆5.送料

「宛名ラベルで各自確認」

※茶葉が到着したら、その宛名ラベルで各自確認してください、ご協力お願いします。
※その送料をお茶代に足してください。。。足し算もよろしく。(笑笑)
※送料は距離や重量によって異なるため、発送時に宛名ラベルに手書きしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆6・郵送方法

「レターパックかゆうパック」

※レターパックに入る場合はレターパック、入らない場合はゆうパック。
※その他ご希望がある場合は、参加時にメールでご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆7.お届け時期

「目標:春節(来年2月19日)までに」

※日本のお正月には、14春天☆鉄観音(絶賛大募集中!)or13秋天☆鉄観音(募集継続中!)がお勧めっ♪
春節(2015年2月19日)までを目標にしますが、茶葉が好い安定状態に入ってからお届けしたいのと、
お届けまでの作業に、私個人の仕事等の状況も関係するため、前後する可能性あります。ご了承くださいませ。

※ちなみに、伝統鉄観音がとってもおいしくなり始めるのは製茶後100日程経過した正月(春節)頃から!
その先は何年も何十年も長く楽しめまーすっ♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆8.お届け内容

「未定」

※ご参加の(あるいはそれに近い)心数分の茶葉を、《心の隊員セット》としてお分けします。

※その内容は「今秋の収穫次第」なので「シーズン終了するまで全くわからない」という前提での募集です。
過去のお届け内容をご参照くださいませ。【ご参考】13秋《心の隊員セット》 ご紹介♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆9.参加方法

【すでに茶友】と【これから茶友】、整理の都合上、参加連絡方法を分けます。
みなさま、どうかご協力をお願いいたします!

※【これから茶友】とは?
「初めて連絡」くださる「初めまして」の茶友のこと♪

※【すでに茶友】とは?
過去に「初めましてメール」に対する「お返事」をいただき、私たちが
おわけしている茶葉の「品茶経験」が一度でもある茶友のこと♪


◆【これから茶友】のみなさまの参加方法◆

心の隊員に参加する♪ から、 ご連絡をお願いいたします。
初めての茶友、大大大歓迎ですーーー♪
茶友になれる第一歩☆どうぞ勇気を出してご連絡ください、お願いしますっ!
初めての方がご連絡くださることを、毎日楽しみにお待ちいたしておりますっ♪

【注意1】
心の隊員に参加する♪を送信しただけでは茶葉は届きません。
その後、私からの「初めましてメール」へご返信ください。

【注意2】
記入漏れや記入ミスには、くれぐれもご注意くださいませ。私からの返信が届きません。

【注意3】
私から返信が届くまで、迷惑フォルダのご確認をお願いします。
記入ミスがなければ、私からの返信「初めましてメール」が届きますが、
それが迷惑フォルダに振り分けられてしまう可能性があります。
行き違いを避けるため、継続してご確認をお願いします。

【注意4】
「初めましてメール」の送信には時間がかかります。
おひとりおひとり手作業でお返事しています。今回はすでに現地入りしているため、
ご返信できるのは帰国後しばらくしてからになる可能性があります。
心の隊員に参加する♪が正しく送信されると 「送信しました」の画面が出ます。
その段階で、《心の隊員》としてカウントはいたしますので、私からの返事が
すぐに来なくてもご安心ください、私の心の中ではすでに隊員ですっ☆

【注意5】
心の隊員に参加する♪送信後は、 情熱♪ぶろぐを継続してご覧ください。


【流れ】
1.心の隊員に参加する♪送信 = 《心の隊員》候補

2.隊員として情熱♪ぶろぐ で状況を追う!

3.私から最初の返事が届いた!(すぐに返信できない場合が多いです)

4.内容確認。オッケーなら私へ返信!

5.私から2度目の返事が届いた! =《心の隊員》確定☆


初めてご連絡くださった方には、3までが長いのできっとご不安なことと存じます。
しかし、情熱♪ぶろぐで状況報告していきますので、 どうか1の後は2を抜かないように!
【これから茶友】のみなさま、ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます♪


◆【すでに茶友】のみなさまの参加方法◆

どうぞ私に直接「メール」で、ご参加の連絡をください♪(お茶端会議室のメッセージはNG。)
その際ご協力いただきたいことがあります!


1.メールの件名を、【鉄1】の形で統一してください。(※【】はどちらでも)
※例:1心の場合は【鉄1】、3心の場合は【鉄3】

2.ご返信遅れます・・・いつもすみません&謝々☆

3.単品のご予約等、別件はメールを分けてください。

4.メール内容は、この下をコピーしてご利用ください。

・【 心】 (あるいは、【副隊長の心】【隊長の心】、それ以上も大歓迎☆)
・氏名
・郵便番号(前回から変更ない茶友は省略可)
・住所 ( 〃 )
・電話番号( 〃 )
・現場リクエスト(ある場合のみ)※
・応援メーセージ( 〃 )

※現場へのリクエスト
おとんの家にいる私へ、なにかリクエスト(質問でも)をいただけませんか♪
「現場だからこそ」の方法で、今後のぶろぐの中でお応えしていきたいと思います☆
素朴な疑問、見たい画像、茶樹のこと、製茶のこと、初心者的なことも、専門的なことも、
お名前は(ハンドルネームも)出しませんので、安心して書いて下さい。
お茶と関係なくても、おとんの家と繋がることならおっけーです、食べもの、山での生活等々。
出せる範囲でしかお応えしませんので、遠慮せずに書くだけ書いてみてくださーい!
例え今秋話題にならなくても、次回に持ち越しますのでがっかりしないでねえ~~。(笑笑)

【すでに茶友】のみなさま、以上ご協力をよろしくお願いします♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆10.《心の隊員》限定特典

・『祥華おとんの伝統鉄観音が、一番安く飲める♪』
※《心の隊員》へは、特別お徳な価格でお分けします。

・『希望の単品を、産地の老茶専用茶庫で専門家に保管&養育してもらいながら
将来飲みたいときまでキープできる♪』
※製茶初年度の一番お得な価格で、将来高価になる老茶をキープできます。
※大切にお預かりし、何年先までもおとんと私の分と一緒に育てます。
※紳士協定のため、予約金等一切いただかない代わりに、天災や事故等予期せぬことが起きた場合、
無効になる場合があることご承知ください。(心配な場合は早めに引き取ってね☆)

・『《心の隊員セット》に入れられない特別研究対象の茶葉も飲めるチャンス♪』
※例えば、収穫や仕上がりが特別に少ない茶葉や、特別な研究をして成功した茶葉等は、
心数とは別に《心の隊員》限定でご紹介&募集します。
【ご参考例】13秋 《心の隊員オプションセット》

・『普段用のおいしいお茶も飲めるチャンス♪』
※《心の隊員》限定で、心数とは別にお分けする予定です。
【ご参考例】12秋《隊員御用達茶》 (※13秋《隊員御用達茶》、現在準備中☆)

・『お茶端会議室で 「同じ釜の茶葉を分け合った仲間たち」の様子を覗き見&交流できる♪』
※お茶端会議室に生息しているのは、《心の隊員》 参加経験者だけです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それでは、みなさま、どうかどうか。。。よろしくお願いいたしますっ♪

14秋天おとん鉄観音《心の隊員》募集。。。現在開始ーーーっ☆
メールお待ちしておりまーす!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【全体参考】
※昨秋の《心の隊員》募集から《心の隊員セット》お届けまでの流れ
13秋鉄観音 《心の隊員》 カテゴリー

※昨秋の《心の隊員》募集記事
13秋鉄観音《心の隊員》 おとんの家から大募集ーーー♪

※昨秋の《心の隊員セット》ご紹介記事
13秋《心の隊員セット》 ご紹介♪
13秋 《心の隊員オプションセット》ご紹介♪

14春おとん鉄観音:ご紹介&募集♪

(※しばらくこの記事が最初の方にくるよう調整します。次の記事も見てみてねっ!)

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
お待たせいたしましたーー♪
今年の春茶が飲み時になりました、ご紹介しま~す☆(製茶の様子はこちら:14春天♪鉄観音

今秋の出発も迫ってきました。。。ダッシュで行きますねっ。
14秋も「春茶飲みながら秋茶ぶろぐ観戦&参戦ーー☆」、よろしくお願いしまーーすっっ♪
(※もうすぐ14秋《心の隊員》も募集します、ぶろぐ継続して見ててね~。)

この春は、長雨が切れることがなく、希望の半分以下しか作れませんでしたが、
一時は「もしかしたら全く作れないのでは?」と覚悟したことを思えば、
ふいみんが山に来てから数日後にたった1日ですが、製茶ができたことが本当に嬉しくて、
結果、3人の喜びの舞い(笑笑)がシンクロしたような品質に仕上がりましたーーー♪

茶葉は全部で5種類です、「メイン」3種+「研究茶」2種。
≪品茶セット≫≪特別セット≫ 、それぞれひとつです!!

【投稿日時:2014-09-29 21:39:02】

**********************************************************************************************
◆≪品茶セット≫◆
・《永遠の宝樹》 3種 計63g 23,300円(送料別)
------------------------------------------------------------
◆≪手工の特別セット≫ 超希少数◆ ※条件あり
・《一泡球♪ふたつの初代樹》   2種 各1球 6,600円(送料別)  ←終了しました~☆
**********************************************************************************************
(↑後半で、またご紹介します↑)


メイン茶葉、3種♪

たった3種ですが、その内容が「飛び抜けて」いるんですよおーーーっっ☆

うちふたつが、ふたりの偉大な製茶人それぞれの「初代樹」ですーっっ♪♪
「おじいの初代樹」vs「おとんの初代樹」。。。うわあああ~~~☆
この2地点の茶樹は、安渓の中でも今やここだけにしか現存しない超希少な「天然純正品種の老茶樹」なのです☆

私は、ほかを諦めてもこの2地点はどーしても作り続けたい、心からそう願っています。
この茶樹たちに出会い、これに惹かれ、抜かれそうになる危機と何年も闘い続けながら、ここまでやって来ました。
おとんも、『この先、誰も、二度とここまでの茶樹と出会う縁はない』、と今では断言。
安渓のみならず、地球規模で宝のように貴重な存在の茶樹、その2種です☆

もうひとつは、『不思議。。。飲めば飲むほど好きになる♪』byおとん
飲むほどに、飲む人を幸せい~~っぱい♪にしてしまう、とっても不思議なお茶ですっ☆
この茶樹の地点付近は、いつも他にはない特別な香りと味わいが出せる、「不思議な幸せスポット」なのです☆

おとんと私はこの山の魅力も大好きで、作り続けたいのはやまやまなのですが・・・、
3月の「コストまた1.9倍ショック事件」後、更に優先順位を絞らなければいけない状況になったため、
製茶資金がなければこの地点は諦めるしかなく・・・、今後作る機会は無いかもしれないと覚悟している、
そんな1種です☆


研究茶葉、【一泡球】2種♪

2球ですが、凄いんですよーーっ☆
「おじいの初代樹」&「おとんの初代樹」っっ!!!。。。うおおおおおーーー♪♪

昨秋デビューした【一泡球】、実は、これ作るの涙がちょちょぎれる程大変なのです・・・、
ひとりの時に作るのは非常に厳しく、チャンスはふいみんと2人一緒の時っ☆

春にふたりで現場にいるチャンス&「ふたつの初代樹」が同時に作れるチャンス!!
二度とないかもしれないそんなダブルビッグチャンスを、「隊長&副隊長」が逃すわけがありませんっ!
疲労と時間と睡魔と闘い、最後の気力を振り絞り、ふたりで作りましたともおおーーーっっっ。
指先ボロボロにして迎えた朝焼けは、本当に涙で滲んでいました。(笑笑)

ふたりがかりでも、一晩に作れる限界数があり、お分けするのに「条件あり」で、すみません。
しかし、13秋は「隊長組」にしかお分けできなかったのですが、この春は、≪品茶セット≫を
1セット希望していただければお分けしますので、チャンスですっ☆


◆「ダブル」大感激!!、最初から「セット+単品」大歓迎☆

メインが3種と少ないので、品茶セットに入れる1種の数をどうしようかと悩みましたが、
やはり初めての方でも試しやすいように「各3袋」ずつしか入れませんでした。
そのため、心意気ある方(笑笑)は、ぜひ「ダブル(2セット)」で、お願いします~~っっ!
或いは、「すでに茶友に限り」最初から「1セット+単品(3種各50g)」オッケーにします☆←「トリプル」よりお得☆

とにかく、少しでも多く召し上がっていただけると、現実的に心からありがたく。。。、
どうかみなさま、いっぱい飲んでくださいね、よろしくお願いいたしまーーーす!!!


それでは、14春のおとん鉄観音ご紹介&品茶希望の茶友、大募集~~~♪
**********************************************************************************************

◆≪品茶セット≫◆
《永遠の宝樹》 3種 計63g 23,300円(送料別)

------------------------------------------------------------

◆≪手工の特別セット≫ 超希少数◆ 条件あり※
《一泡球♪ふたつの初代樹》   2種 各1球 6,600円(送料別) ←終了しました~☆

 
※品茶セット「1セット」に付き、1セット希望可
※「1セット+単品(3種各50g)」の場合は、3セットまで希望可
※先着順、予約でなくなり次第終了
※単品なし

**********************************************************************************************
↑↑↑終了したら「終了~☆」と追記していきます↑↑↑

 

☆募集方法

【これから茶友】のみなさまと【すでに茶友】のみなさまと、
整理の都合上連絡方法を分けます。よろしくお願いします!


◆【これから茶友】のみなさま◆

新しい茶友、熱烈大歓迎ですーーーーーー♪
品茶してみるっ♪ から、どうぞご連絡をお願いしますっ!
メッセージ欄にご希望の《セット名》「数量」をご記入ください。

【ご注意】
品茶してみるっ♪を送信しただけでは、 お茶葉は届きません。
その後、私からの返事「初めましてメール」が届きます。
それを必ず読み、内容を理解しご了承いただければご返信ください。
お互い連絡が取り合えるまでお茶葉は届きませんので、ご注意くださいませ。

※ご返信はおひとりおひとり手作業のため、状況によりすぐにお返事できない場合があります。
お待ちいただく可能性がありますこと、どうかご了承くださいませ。
遅れても必ずお返事していますので、よろしくお願いいたしますっ♪


◆【すでに茶友】のみなさま◆

どうぞ直接私に「メール」でご連絡ください。(お茶端会議室のメッセージはNG。)
その際、みなさまにはご協力いただきたい事があります。

1.メールの件名を統一する
・【14春鉄】

2.他の用件は別メールにする(例:過去紹介の茶葉希望、単品希望、お問い合わせ、等)

3.メール内容は、ここから下をどうぞコピーしてご利用ください。

・品茶セット《永遠の宝樹》23,300円×
・特別セット《一泡球♪ふたつの初代樹》6,600円×
・すでに茶友限定:「《永遠の宝樹》×1+単品(3種各50g)」+《一泡球♪ふたつの初代樹》×
・すでに茶友限定:その他の組み合わせ
・氏名

4.変更、希望がある場合は、その旨明記する

・氏名、郵便番号、お届け先住所、等
・お届け時期希望(例:『11月以降希望』『12月末希望』等々)

5.その他、ご質問ご希望メッセージ等、ご自由にどうぞ~☆

お返事メールは「超簡単」にさせていただきます!!!すみませーーんッッ。
【すでに茶友】のみなさま、ご協力どうぞよろしくお願いいたします~~♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆締め切りとお届け時期

・初回締め切り → 10月6日(月)メール受付分まで  → [追記:10月7日(火)メール受付分までOK]
・初回お届け → 10月10日頃(予定)

※10月7日(火)以降メール受付分 → 早くて11月中頃~下旬(秋茶から帰国後)
※それ以降 → 順次
**********************************************************************************************
以上。各セットの内容は別記事にて。

今秋も、「飲んで心は一緒に参戦~☆」 どうぞよろしくお願いいたしまーーすっ!!
それでは、14春おとん鉄観音、募集開始~~~☆

14春鉄観音≪品茶セット≫に続く。

(※この記事内容だけでもオッケーの茶友はメール受付開始します、どうぞ~!笑笑)

14秋帰国しますっ!

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
大家好ー♪

今厦門空港、これから帰国しますっ☆

はあああ~~~、素敵な秋でした。
今秋もまた、とってもとっても深い秋、生涯忘れることは無い秋です。

お茶葉?
お茶葉はねえ。。。、すみませんっっ、みんな等級高すぎ!!!等級高いのしかない、ごめんっっ!あははーーー♪

いや、自分の特徴として、自覚はないんだけれど、物事に対してちょっと『スパルタ(と、以前周囲の人たちから言われた・・・)』なところがあるようで、自分が作ったものに対して満足したことなんか一度もない。
人さまに対しては求めないけれど(自分の中では求めていない)、 おとんにも、自分に対してちょっと厳しすぎるところがあるようだ、と毎年言われ・・・。(苦笑)
考えてみれば、 書いても書いても(書)、作っても作っても(茶)、最低最悪の下手くそで、どれひとつ気に入らなくて、 何年何十年やってもちっとも実力のかけらも身につかなくて、どうしようもなくて、時に自分を葬り去りたくなる。
まあ、そんな話しはどっちでもいいや、とにかく、この秋ちょっと不思議だったのは、いつもだったらどれひとつ「好茶」に感じなくて、例え横でおとんが「すごいすごい♪」と喜んでいても自分ではそう思えなくて「えーーーい、こんなお茶山に捨ててしまえーーーッ」ってなるのが、いつものパターン。。。なのに、そうじゃなかったんだよなあ。。。この秋。

その感覚を、どっちと判断すれば好いのか、にわかには信じられなくて、何度も何度も、何度も何度も、審評した。
山でも、安渓でも、厦門でも、朝も昼も夜も夜中も。
本当に茶葉が好くなっているのか、それとも、自分に対して甘くなったのではないか。
自分が製茶した茶葉だ。
その品質評価に対しては、「鉄観音リトマス紙」のおとんがいないと、どうしても自分だけでは信じ切れない。

で、安渓では、おとんとふたり篭って審評。
最初に、おとんが審評できる状態かどうか、おとんの感覚をテスト。おとん、だんだん、私、3人で。
オッケーーーー☆できるっ。
体調万全ではない、それでもおとんは「鉄観音リトマス紙」だった!!!
本当にすごい人だ~~~☆生涯の師匠だよ♪

 

あーーー、ぐちゃぐちゃ喋ってたら時間なくなっちゃったーー、搭乗しなくちゃッ。

そうそう、「すごい勘違い」のこと。

ぬあんと、今ごろ気づいた!!!
おとんの初代樹は、【生態茶】だったーーー☆
あいやぁああああーーーっっ。
その3年後に植えたのが、昨年抜かれた地点の。
なので、2番めは無くなったが、「おとんの初代樹」は生き残っていたーーーっっ☆

なんで抜けていたのか、理由はあるんだけど。。。また改めて!帰国しまーす。謝々大家♪
非常感謝☆14秋。

山を下りて

山→安渓2泊→厦門3泊→安渓2泊→帰国!
安渓作業&厦門用事。。。、で突然、品茶会in厦門ーーー☆

と、とりあえず順番に!!!

 

山を下りて安渓に到着したその場から始まる、精製&包装関係。

今秋の茶葉、すべて「部分挑梗」、する!
普通の精製ではなく、一歩クラス上のやり方、名付けて「頂級挑梗☆」。
それを、全ての種類に。
山でのひとり審評の日々で、到った結論。
詳しくは、審評中の記事(まだ未投稿ーーっっっ)で。
しかし、その挑梗をできる人がみつかるかどうか、が問題。
手揉だけは、山の上で自分でした。
が、メインの茶葉、7種の隊員茶、2種の特別茶、ひとりでできるわけがない。
一冬あれば可能だが、一週間程度では不可能。
これを任せられる人(監督&作業)を探さないと。
山の家で、私(か、おとんが居たらおとん)が直接監督しながらするのがベスト、だった。
おとんは毎日電話で探し、私は審評進めながら連日吉報を待った。
が、一週間以上見つからず、結局茶葉は私と一緒に山を下り、 安渓でおとんが直接監督することに。

安渓でも見つからない。
で、おとんが呼んだ、最終兵器!(笑笑)
小紅、登場ー☆
一ヶ月うぇいうぇいの製茶所を手伝って、私と一緒に山を下りたばかりだが、こっちの作業を優先してくれることに。
おとんの次女だよ、最高中の最高だーっ♪
翌日、更なる最強兵器☆(笑笑)が参戦してくれているっ!!
小鳳、登場ーー☆
製茶所にいるはずの小鳳が、用事で安渓に下り、日帰りのはずが、捕まっているーー♪
うぇいうぇいのお嫁さん(小絹のおかん)だよ、最強中の最強ーっ☆
この2人に任せたら最高、要求すぐに理解&手が反応する、言うことない。
おおお♪すげーーレベル、すげーーースピードッ、ほれぼれ~~~♪
3日間集中で、とりあえずの目標量まで終了!!!
続きは、監督:おとん&だんだん、作業:小紅、に任せる。

小紅&小鳳、ふたりの高手(=達人)のお蔭で、山を下りた翌々日には、予定通り厦門へ行けることに。
鳥爺&小陶、福州から会いに&迎えに、安渓に来てくれる。
厦門の用事はあっという間に片付き、ここでまた思いもしない展開、いくつか。
フルーツ天国、海鮮天国、それからそれから、ずーーーっと会いたかった「zhang平水仙」☆。。。やっほおおおーい♪
おまけに、安渓に戻る予定の日、予定変更、急遽品茶会開催!!!
厦門デビュだあああーーー☆
前晩の深夜2時に品茶会の話題になって、夜が明けたら9人参加者決定だよ、平日の午後に。。。、さ・す・が~~☆
こんなこともあろうかと、福州に置いてある審評蓋碗セット、持ってきてもらって好かった。。。、ふっふっふ♪
最後に極めつけの出会い!!!「zhang平水仙」の老茶、少なく見ても30年物っっっ☆
うおおお~~♪素晴らしい感動!!!このお茶葉からまた多くのことを教わる、感謝感謝感謝ーーー♪

いろんな詳しくは追々ね☆

そんなこんなで、無事に帰国日です。
今安渓、これから厦門空港へ。

 

あああーーーっっっ、そうだもうひとつ!!!
昨夜おとんと話していて、すごいこと、というか、「すごい勘違い」が判明ーー☆
結果的に嬉しい勘違い、なんだけど、、、ああ時間がないーーーっっっ。
また空港で!時間があれば!!

最後の山の夜

この空気の中に居られるのも、今夜が最後。
ここを離れることが、寂しい。

屋外で洗面をし、池の横で足湯しながら、夜の中に座り、夜を眺めている。
水の音、樹々の囁き、星の光、月の明かり、虫たちの音色、大気の流れ、 闇の香りたち。。。

どのくらいそうしているのだろう。
永遠にこのままと感じるくらい、何も感じなくなる。
表現できない、とても好い状態だ。

おじいやおとんの小さい頃は、どんな夜だっただろう。
きっと、もっともっと多くの音が聞こえ、たくさんの香りがしていたことだろう。
延々に続く森林たちに囲まれ、見上げた大樹の隙間から見える月は、どんな風に見えただろう。
蝋燭が貴重だった時代、漆黒の夜に、どれだけたくさんの星星たちが降り注いでいただろう。
虎や鷲、イノシシや鳥たち、、、闇に眠る野生動物たちの息づかいは、どれだけ近くに聞こえていただろう。
その頃の闇は、どんな香りだっただろう。。。

 

昼も夜も、人の気配がないこの空間に、ひとりでいるのがとても好きだ。
一日中、誰と話すこともなく、自然の中にいる。
満ち足りている。
人工音がない世界。 
心地が好い。
体がよく動いている。
自分が自然体でいるのを感じる。
そんな時、私はどんな表情をしているのだろう。

明日になれば、変わってしまう。
「この香りたち」も、「この音たち」も、そして「この感覚たち」も、離れてしまう。
見えるもの、聞こえるもの、香ってくるもの、触れるもの。。。全てに雑音が入ってくる。

この場所を離れる前の夜は、いつも寂しく感じる。
明日、この秋のお茶たちと一緒に、山を下りる。
ここを離れたら、このお茶たちはどんな風に感じるだろう。

14秋。
ありがとうございました。
大変贅沢な時間でした。

 

どうか再びこの世界に戻って来られますように。。。、晩安っっ☆

審評&分析:5日目

ここしばらく、気候がずっと安定して好い。
もしも青葉がまだあれば、好いお茶が作れそう。

晴れて暑いくらい、でも風も適度にあり過ごしやすく、とても気持ちが好い、乾燥している。
審評、挑梗、洗濯、等々、助かる。

各山へ登りたいが、製茶後の作業もひとりなので、今回は行けなさそう、仕方ない。
南山は難しい、ああ老茶樹たち。。。、会いたいなあ。
明日は、最後に論上くらい行きたいな、魔王の樹たち、どうしているだろう。

 

星星たちは今夜も満天に美しく、お月様は半分になって明るく、丸く大きくぼんぼりと照らしている。
風はなく、虫たちの声が澄むように響き、静かな夜。
光の音さえ聞こえてくるよう。
自分が大気になっていくようだ。
この感覚の時が、たまらなく好き。
永遠に感じる。

 

また今夜は温かい夜で、助かる。
今晩のうちに大物をある程度洗ってしまう、自分も洗う。
本当に温かい、夜半過ぎで20度超えている?!わお、秋の初めに戻ったようだ。
明後日には山を下りる。
結局おとんは戻って来られない。
ひとりでこの山の家を閉める、山仕舞いの準備、進める。

午後、家中の門を閉めて、手揉の精製。
機械揉の茶葉は、挑梗専門の工人が探せるが、手揉のこの精製をできる人はいない。
作った本人がやるしかない。
普通の挑梗ではない、茎を取り除くのではない。
葉を残して余分な部分だけ取る。
長すぎる茎を、クキッ。。。、と折る。
ひとつひとつ。
品質状態が変わらないように少しずつ出しながら、素早く、丁寧に。
3時間。

 

炒茶鍋、越冬準備。
釜全体を覆う作業、雨風で傷まないように。
どうかまた、次のシーズンも、あたなと一緒にお茶を作れますように。。。
鍋周り、炭、竹片、木柴等々、火関係片付け&清掃。

 

気になって。
どうにも気になって。。。夜半過ぎだが、品比開始☆あはは♪

なんかね、どうにもおかしいのよ、この秋のお茶。。。。なんなんだろう☆
今の感覚のうちに、他の声が入る前に、1対1で、もう少し飲みこんで、感じとっておきたい。
この環境のうちに、振り返って、感覚を思い起こして、結果と経過の関係を、もう少し分析しておきたい。

 

連日、家の空気が香る。
製茶中の香りとは、また違う香り。
審評台から、生まれている☆
すうううーーーっっ、と、扉が開くように、引き込まれる香り♪

昨日も今日も、昼間淹れると、白い蝶々が寄ってくる。。。花の香りと間違えているのかなあ♪
でも、じゃまーーッッ、茶湯に入ろうとするからーー、やーめーて~~~。

朝、昨夜の茶具を洗おうとすると、小さなアリさん達が垂れた茶液に集っているの!!!
これ、蜜じゃないよ。。。そんなに甘いのかなあ♪(笑笑)

自分じゃよくわからないや。あはは☆

曇りときどき小雨ぱらつく

曇り。
あの日までに、集中して終了させて、本当にビンゴだったーーー!!!
雨が去った後に続きを、とおとんも私も最初は考えていたが、
いやいやそれは危険と判断し。。。結果おーらい☆
好かったよおおお~~♪

来秋は、もしも来られるなら、もう数日早く入る。
状況がいろいろ変わっている。
理想言っても仕方ない、流れに対応していかないと。
その中で、自分にできるベストを尽くす。
その秋が迎えられるように、また1年、がんばるんだ☆

 

品茶:12号、帯梗・挑梗・梗。
・帯梗=茎付きの葉:伝統の審査標準:みなさんにお届けしている基本の状態♪
・挑梗=茎を取り除いた葉だけ:現代の審査標準
・梗=茎だけ
おおおー♪
次の品茶会では、久しぶりにこれやりましょう!やりましょう!!
どうして茎付きでお届けしているのか、どうして茎付きの方がおいしいのか、等々、
いろんなこと、とてもわかり易いし、説明しやすーーいっっ☆

 

おかたづけ、製茶室の続き。
外布、点検&池に漬けておく(下洗い)。
速包機、平板機、等々機械類、清掃。
揉捻機(木製の、これ大切な道具、無くなったらもう作れる人もいないし、素材もない)点検&清掃。
木の部品一つ一つ、丁寧に茶末や埃を取り除く。
木の揉捻機は、殺青仕立ての茶葉が直接触れる場所。。。丁寧に、清潔に。
揉捻機だけで、2時間。昔の道具だからね。

 

品茶、14号、16号。
そろそろ一回目の一斉品比してもいいかな。
最後の茶葉が仕上がって、、ひー、ふー、みー、、、まだ3日か。
ま、それを計算に入れて、明日やってみようか♪

あー、おとん、早く帰ってくないかなぁ。。。
おとん、あれから毎日2回点滴しに病院に通っているのだが、ぱっと全快しないらしい。
味がわからなくて(点滴のせいで)、なに食べても薬の味がするとかで、、、しょんぼりしている。
早く帰りたい、と。
鼻(臭覚)はまだなんとかいけるそうだ、もちろん、絶好調の時のようにはいかないが。
あーぁ、、、また審評できないじゃないかーーー。
体調管理は、審評する人間の(製茶する人間にも)基本なんだけどなぁ。。。おとん。
でも、それでもいいから、審評に加わってくれ~~。
ふいみーーーん。

おっ☆
ふいみんと言えば、お蔭様で彼女も、中国国家一級高級技師『高級評茶師』、受かりましたよおおおーーー!!!
ぱちぱちぱちーーー♪♪♪
証書が届いてからご報告☆と思っていたのですが、まだ証書が届かないんですよぉ・・・、あれから何ヶ月?
はぁぁ・・・。

香港人初です☆
大陸人外では2人目?!(一人目は3年前の私)
いや、少し前にマレーシア人でひとり!でも大陸の人とか???

とにかく、すごいね☆
身内で3人の、国家級の高級評茶師が揃ってる!!!あははーっっ♪
おとんは高級評茶師の資格はないけれど、国際的な鉄観音茶王賽の審査員を政府から依頼されて何度もしている実力。
これで、どこかに依頼しなくても、『免費』で全部済む☆。。。あはは、らーくちんっっ♪(笑笑)

でも、そのふたりとも、今いないし、、、。
ふいみーーーん、早く来てえええ~~~。
と、叫んでも来られないから、ひとりで先に進めよう。
どうせ1回2回じゃ終わらないし、まずは作り手として、一足お先に。。。うふ♪

空は晴れてもお茶はない

あっかるい♪晴れーー、お茶作れる☆
けど、もう茶葉ない~。
晴れてはいるが、雲の様子は変わった。
空一面に、イワシ雲みたいの。

品茶、20号柳樹、20号生態茶、21号。
どはっっっ♪
気になって、その流れに19号。
イエスッ☆
そのままW金袋。
なるほどぉ。
あああ~~~、誰かと一緒に飲みたいーーー♪

 

おかたづけの続き。
竹笊全部(100枚くらい?)清掃&点検、木架、それらの置き場関係。
続いて製茶室、本日はホン干関係、ホン干機、ホン干用笊、焙籠。
加工中の茶葉が直接触れる道具たち、清潔第一。
茶巾の繕い。
家の中の通路エリア、厨房も。
ここまで6時間。

一日、動きながら頭の中でずっと製茶を振り返っている。
気づいたところで、すぐにノート振り返る&メモ。

 

パソコン部屋へ。
久しぶりにパソコンの前にゆっくり座った。
げ、、、。(目の前ある冷蔵庫をみて)
冷凍庫の扉が少し開いている、、、ということは?(何度も経験済み)
バキッ(開けた)。
ぁぁ・・・、氷の化け物に覆われている・・・。(日本では見られない現象)
明日にしよう。

体洗う準備。
水汲み、やかん×4、順番に沸かす。
その間に、応接エリア周辺、掃き掃除。(体温を上げておく。風邪ひき予防。)
沸いたらバケツに入れて、外の小部屋まで運んだら、猛ダッシュ。
限られた熱湯を山泉水で割りながら、急いで洗う。
準備開始の水汲みから、洗濯物洗って全部干し終わるまで、約2時間。
総移動距離何百メートル?
洗濯機などもちろんない、山泉水で手洗い、手絞り。

 

さっぱりしたところで、再びパソ部屋へ。
画像の移動。カメラからパソへ。。。溜まってる。何日分?ひゃーーー。

品茶&おかたづけ

本日も曇り、これではもしも茶葉があっても摘まない。
昨日もそんな陽気だった、本当にギリギリセーフ、大ビンゴだった!!!
好かったぁ。。。

茶巾洗いの続き。
外周り&釜周り掃除、竹竿半分撤収。
揺青機清掃、木架修理、茶葉の整理。
頭の中は、やはり茶葉のこと考えている。
家中の掃除と、道具たちのお片付けするのに、数日はかかるだろう。
でも、この家と、この道具たちも、大切な宝物。
もしもこれらが無ければ、こういう茶葉は作れない&飲めない。

品茶の続き、16号、17号、18号、19号。
茶友の顔が浮かんできて、気づくとひとりでうふうふ笑っている♪
まだ会ったことのない茶友も、想像で浮かんでくる(笑笑)、一緒に飲みたいなあ☆
まだ一斉品比はしない。

豆腐が届いていたのを思い出す。
豚足もあった。
豚ヒレ肉もあった。

たまっている画像の整理したい、が、眠い、、、寝よう。

More...

Home

Search
Feeds
sponsordlink
tools
PING plus

PING送信プラス by SEO対策

Page Top