Home

おいしいお茶みつけたっ! - 情熱♪ぶろぐ

帰国しますっ!

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月19日 10:15

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
東山です、本日帰国しまーす。

後半ぶろぐ投稿ができませんでした。
が、4日前の午後、ゲスト「草苺」到着~♪
彼女のお蔭で、ひとりだったら三脚でしか撮れない「炒っている画像&映像」がたくさんある~☆
なので、後半は写真集みたいな感じでアップする予定、帰国後ね。

ところがね。。。
これがまた、めちゃくちゃ大量にあるのよーーー、数時間で数千枚!!!!!!
祥華おとんを上回るマシンガン級連写だあーーーっっっ、あははーーー♪
私がバチバチと大きな音を立てて殺青していると、すぐ横でもの凄い勢いのシャッター音が襲いかかってきたーーーっっ。(笑笑)
中国に来たのは初めてでは無いけれど、お茶を炒っているのを見たのが初めてどころか、本場の農村に来たのも、
本場の中国人(笑笑)に会うのも、彼らの生活の中に入って一緒にご飯食べたりするのも、
お茶の産地も・茶園も・茶農の家も日本でも経験がなくて、お茶の原料に会ったのも、
炒りたてのお茶を飲むのも、あれもこれも。。。、もおおーーー、初めてがいっぱあああ~~~い♪
そんな彼女目線の素敵な画像の数々、帰国したら頑張ってセレクトしますので(。。。できるかなあ、笑笑)、
どうぞお楽しみに~~!!!

それでは、荷物片付けます、また日本でーー♪

白茶樹

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月15日 23:35

なんてこったっ☆

これは天のいたずらなのか。。。
神さまの思し召しなのか。。。
何かの啓示なのか。。。

 

黄色い☆

白茶樹だ!

 

忠忠&老二ペアが、伸びて大きくなった芽を摘んできた。
変わった色をしている。
緑ではない。
白っぽくて、黄色みがかっていて、葉脈だけ緑、
突然変異の白茶樹だ。

こういうのは、混ぜてはいけない。
大きさが同じでも、色が洞庭碧螺春の標準ではないから。
碧螺春としての香りも味わいもないので落第。
混ぜると外形に影響して価格が落ちてしまう。
でも、飲めないわけではないので、小さい芽のとき(碧螺春の茶摘み標準)は摘まずに放置、
毎年、炒青状におっきくなった頃、まとめて摘んで、『適当に炒って家用』の茶とする。

持ち主の忠忠は、興味がない。
お金にならないし、邪魔で、切ってしまおうとしている。
まわりの人間も、まったく興味がない。
この白茶樹は、ここでは価値が無く、邪魔者扱いされている。

でも、知っている。
これは安吉白茶と同じ、アミノ酸量が多く、特有の甘みがある。
調べるまでもなく、食べれば分かる。
葉緑素が少なく、カテキンが少なく、苦味も渋みも少ない。
独特の香りが出せる。
湯色が美しい。
葉底も美しい。
そういうお茶が作れることを。

生まれた場所が悪かった。
碧螺春の個性とは違うから、碧螺春の標準が要求される環境の中では、
ただのやっかい者だ。
作っている人間は、味も葉底も知らないから、
炒っている途中で、嗅ぎ慣れた香りだけと比較されて、『ダメ、ちっとも香りがない、』、と言われ、
誤解されている。

忠忠、炒らせてーーっっ。
買い取るから!!!

炒る。
起鍋。
嗅ぐ。
ほおおーーーらっっ♪
思ったとおりだ☆

炒った。
淹れる。
見る。
やっぱりねーー!!!想像どおり☆
おっしゃーーーっっ♪

 

しかし、なんで「今日」これを摘んできたんだろう?

なんなんだ、今年は。。。
これは、私の運命なのだろうか。。。
そういう茶縁なのだろうか。。。

 

あははっ、そんなこと知るかーーっ。(笑笑)
これからも、心惹かれる茶樹の側へ行く、それだけっ♪

やっと茶樹に会えた♪

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月14日 23:55

昨夜、一晩中、大強風。

本日も素敵な春晴れーーー♪
でも、昨日に続き、風が強い。
自転車、向い風、進まない、重い、一体何のトレーニングだ、あははー!
家に荷物おいて、山に向かう。

気になっていること、昨日までに済ました。
今日は朝から山に行ける☆
おっとーん、おっかーん♪
楊梅~、枇杷~、蜜柑~、茶樹ーーー♪

 

おとん&おかんは3時半起き。
お湯沸かして朝ごはん準備したら、すぐに家を出て、山へ。
そこから昼まで、摘み続ける。
おとんは昼まで、先に帰宅して篩い分けを始める。
おかんは1時まで摘んで、帰宅する。

今日はふたりとも高山の頂上付近にいるはず。
いたいた♪

おおおーーー☆
本当だ、すごい!!
おとんが言っていたけれど、高山の茶樹の生長が立派!
昨年、思い切り低く剪定したのに、昨年の気候で秋にはかなり高くなったそうだ。
本当だ、なんて立派な樹たち。
芽が、ぶっとい♪
ひゃあああ~~~、いっぱいあるーー♪
しっかりと巻きの多い、ぶっとい芽、まだまだぞくぞくだ!!!

うおおおーーー☆
発芽したばかりの、初摘みの樹が、まだあるーー♪
あっちにも!こっちにも!
きゃあああーーー、きっれーーっっ♪
まるで明前茶☆
前回来た時まだ発芽していなかった晩生の樹。
おとんとおかんは、私のために、こういう樹を選んで、毎日摘んでくれている。
もちろん、前回来た時に摘んだ早生の樹もある、そういう樹は本日2番摘み。
それも、摘む。
これまた明前茶のように、しっかりした芽♪

それから、前回時間切れで摘めなくて放置され、すくすく伸び伸びおっきくなっちゃっているのもいっぱい!(笑笑)
そういうのは、摘まない、捨て置く。
そのまま放置し、シーズン最後に『炒青』にして、家庭用茶にする。
普通は全部摘むんだけど、忠忠&老二も分けずに摘んでいるんだけど、
おとんとおかんは、摘まない。
私のために、この時期に好い状態の樹だけを選んで、好い状態の芽だけを選んで、小さい芽だけを摘んでくれている。
毎日、毎日。。。
周りとは違う。
前もそうだった、今年も、変わらずそうしてくれている。
だから、東山の中でも、おとんとおかんと私が作るお茶は、標準ではない、「かなり異常」♪(笑笑)
明前じゃないのに、まるで明前茶が作れる☆

おかんが山を下りる。
私は果樹園回りながら帰宅。

 

おとんとおかんと忠忠と老二が、「jian茶叶」している間に、
ここまで3日分の茶葉の精製、調合、まで済ませる。
これやっておかないと、最後、間に合わなくなる。

横で、忠忠の第一鍋が始まった。
こちらも、まもなく終了。
おっけー、ここまでやっておけば、少し安心。

準備、炒茶。
早めに始める、おとんを早くに休ませたい。
本日も3鍋、やや小鍋。
2天1夜、大強風だった、茶葉の水分が少ない。
重量があり、非常に揃っていて、美しい。
きれいな茶葉になる♪
がんばるっ!!

よし、早くに終わった。
おとん、寝る準備して。
審評して、忠忠のラスト鍋観察して、撤収。
おとん、私帰るね、おやすみーーー。

 

やっぱり外灯が点いていない、あはは、真っ暗。。。ああああーーー☆お星さま!!!
空一面に広がっているーーー♪
果樹園の中、夜空眺めながら自転車こぐ、風が変わった、太湖の香り。。。、きゃあああ~~~♪

最後の柴鍋

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月13日 23:30

昨夜、宿でネットが使えることが判明☆
さっそく線を用意してもらい、テスト。
おおおーーー、繋がったーーー♪♪。。。←懐かしい響き。(笑笑)

めちゃくちゃ遅いけど、不安定だけど、なぜか繋がらない場所が多いけど、、、全く無いよりうんと好い♪
ブログがアップができた!!!
でも、画像はちょっと難しいかもね。
でもでも、文章だけでも投稿できるっ!ばんざーーーい☆

 

昨夜は一晩中、今日も朝から、風が強い。
陽光はあるが、気温が低い。

おとんは高山の上「風の高山」から、おかんは高山の中腹「楊梅の森」のあたりから、摘んでいる。
行きたいのだが、今日もまだ山へ行けない。
先に老四の「碧螺紅茶」のアドバイスをする、作る日が少ない。

CIMG8675 CIMG8677

揉捻開始
CIMG8682

揉捻終了
CIMG8678 CIMG8679

発酵開始
CIMG8680 CIMG8681

萎凋後、揉捻前
CIMG8684 CIMG8683

なるほど。。。

 

おとん、おかん、昼過ぎには家に戻る。
私もそこに合わせて、家に行く。

CIMG8688 CIMG8690

CIMG8691 CIMG8692

CIMG8693 CIMG8699

CIMG8697 CIMG8698 

うおおおーーー☆
今日の原料も、これまたすごい、ほとんど芽だ!!!
高山の一番摘み?、おおおーーーー♪
小さい、太い、重い、しっかり、強い、なんて健康っっ☆
期待満々~~~♪
こんなすごい原料、この時期、他の家にはない。
おとん&おかんが用意してくれるんだもん。
私も炒茶、がんばるっっ!!!

イメージトレーニング。
一昨日&昨日を振りかえる。
ノートを振り返り、ひと鍋ごとに、淹れた茶葉を振り返り、改良点を確認しながら、炒茶。。。脳内シミュレーション。
心はすでに、今日の炒茶に入っている。

 

今年は例年より1週間~10日程遅い。
『老品種:老蓬(伝統品種)』の初摘みは、『3月28日』☆
わあ、、、本当に遅かったんだね。
いつもなら、20日頃から少しずつ摘める、春分直前だ。
だから、「分前茶」がある。
でも今年は、「分前茶」がない。
しかし、そのおかげで、今の時期が今年はとても好い!!!
ちょうど、全体の半分あたり、山場に来たところだ。
やったーー、ビンゴーーー☆(笑笑)

ちなみに、『新品種:新蓬(接ぎ木した早生種)』は、3月5日が初摘み。
老品種が始まる頃、新品種は『炒青』の状態。
現在はもう、すっかり終了している。

 

本日も3鍋。
一日に数百グラム、3鍋合わせて。
この量がマックス、明前よりは多い。

開始炒茶。

CIMG8701 

CIMG8702 CIMG8704 

 

CIMG8705 CIMG8706

CIMG8707 

ひと鍋ごとに、おとんと意見交換。
炒りながら伝える、炒り終わってからも伝える。
改良してほしい点(焼火の)、具体的に伝えて、次の鍋ですぐに実行してもらう。
どの段階の時に、どのような火が欲しいか、どうして欲しいか、等々、細かく正確に伝える。
改善、改善、また改善。
手応えを感じる。
言った事が伝わる。
炎が動く。
茶葉が応える。
どんどん好くなる。
やっぱり、おとんと私、ベストパートナー☆

CIMG8708 CIMG8710

 

一方、「忠忠&老二ペア」が摘んだのは、本日5鍋。
原料標準が、「おとん&おかんペア(愛子要求)」とは違うから、こっちより多い。
大きさ、ばらばら。
ほとんど大きい、8割が1芯2葉摘み。
おとん&おかんペアのような、芽摘みの状態は、全体の2割未満。
いや、今の時期、今の産地で、こっちが標準。
「忠忠&老二ペア」の方が。
「おとん&おかんペア」の標準が、普通でない。。。摘みの、管理の、愛子要求が異常!!!
それに応えられる、おとん&おかんペアはもっと異常!!!(笑笑)

 

3鍋終わって、忠忠は4鍋めの途中。
手伝う。
5鍋め、炒るかって?
いいの?
いいならもちろん!!!炒らせてーーー♪

ガス鍋で、炒ってみたい。
ガス鍋の、感触を感じたい、特性が知りたい。
柴鍋との、違いが知りたい。

CIMG8711 CIMG8713

うわあ、、、こりゃまったく違う!!!
あははははーーー、おもしろい☆
なるほどねえ~~~。
炒りながら、忠忠に解説する。
柴鍋との違いを、このガス鍋の特性を。
「忠忠鍋」の場合は、どういう炒り方が向いているか、どうすれば最大限に活用できるか。

それから、お願い。
忠忠。
どうか柴鍋の使いかたを、忘れないで。
毎年少しでいいから、柴鍋使って欲しい、ずっと、いつまでも。
私、手伝うから。(柴鍋は、ひとりでは炒れない。炒茶師と焼火師のふたりが、必要不可欠。)

 

ガス鍋は便利だ、ひとりで炒る時に。
他にもたくさんの利点がある。
でも、おとん、私はやっぱり柴鍋が好き。
『この村でも、柴鍋使っているのは、もう自分だけになったはずだ。みんなガス鍋に変えている。』
まじで?
うわうわ、、、もしも今年来なかったら、愛子鍋もガス鍋に改造されていたのか・・・。

 

審評。
愛子鍋3鍋+忠忠鍋2鍋(5鍋中セレクト2鍋:忠忠炒+愛子炒)
CIMG8714 CIMG8715

愛子炒
CIMG8716 CIMG8717 

忠忠炒(左画像:左忠忠炒、右愛子炒)、右アップ画像忠忠炒
CIMG8719 CIMG8720 

左:愛子炒、右:忠忠炒
CIMG8718 CIMG8721

品茶。
うわー、これはすごいぞ!明らかに違う!!!
柴鍋&ガス鍋。
香気、味わい、全部が違う。
見事に、はっきり、違う。
もしもこっちの碧螺春と最初に出会っていたら、もしもこの時代に碧螺春に出会っていたら、私ちっとも興味なかった。

うわあああーーー♪
ここに来て、初めて知っちゃった、この違い!!!
予想的中!
いや、予想を遥かに上回る結果!!
おとんの原料の凄さが、柴鍋の凄さが。。。明確になってしまったよ~~。
すげー、驚き☆
驚きすぎて、淹れた後の写真撮るの、忘れてた。。。(笑笑)

 

早く帰れ?断水?
23時から9時まで、今日から毎日?
帰る帰る、シャワー浴びたい。
バケツ貸して。

おかんはもう寝ている。
おとん、ありがとう。おやすみなさーい☆

大風で、自転車倒されそうになる、バケツがうるさい、犬が吠える、あははー。
外灯はあるけど、点いていない、真っ暗~~、あはははーー♪

昼暖大晴天のち夜寒雨

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月13日 01:30

「老四(弟:おとんの長男)」の知り合いの香港人ふたりが、私と会いたいとのことで、老四がお昼をセッティングした。
出国数日前、老四が勝手に決めていた。

着いた翌日に?やめてくれーーー。
滞在日数は少ない、時間を無駄にしたくない。
10時過ぎにくる?えええー、おとんとおかんが茶摘みしている山へ行けないじゃないかーー、
果樹園行きたいー、茶樹に会いたいーー、こんなに大晴天なのにーーー、
もおーーッッ、人の予定勝手に決めるの、ほんとにやめてくれーーーッッ。

仕方ない、、、つい、うっかり、話してしまったのだろう。
ここは老四の面子を立てる。
が、最初で最後。
次は絶対に受け入れない。

CIMG8601

CIMG8602 CIMG8603

 

食事終わって、老四の仕事場へ。
碧螺紅茶の様子を拝見。
おお、やってるやってる!
なるほど。。。
CIMG8604 CIMG8605

CIMG8606 CIMG8607

CIMG8608 CIMG8609

CIMG8611 CIMG8612

 

おとんとおかんの家、現在改築中。
10年以上お世話になったあの家、「老房子」は、もう跡形もなくなくなっちゃった・・・。
大好きだったおとんとおかんのあのお家、昨年6月に取り壊して、すでに、新しい家が出来あがっている。
でも、まだ「箱」だけ。
「中」は、今夏から着手。
まだ住めない。

CIMG8480 CIMG8479

CIMG8482 CIMG8483

CIMG8485 CIMG8486

CIMG8487 CIMG8488

CIMG8489 

 CIMG8493 CIMG8494 

 CIMG8497 CIMG8496

CIMG8499

CIMG8500 CIMG8502

CIMG8503 CIMG8504

CIMG8505

ということで、おとん&おかん、すぐ近所に間借り中。
なので、私は外(村の入り口にある宿)に住み、そこから通うことに。
誰も利用したことがないので、どんな部屋なのか、状況が分からなかった。
おとんが下見してくれた。
老四の仕事場が近い。

数年前までだったら、東山の中心まで出ないと(歩いて2時間程)、宿泊施設などなかった。
今は、道路が出来て観光客が来るようになった碧螺村の入り口に、宿泊施設がある、一軒だけ。
とりあえずここがあって、好かった。
自転車で通う、5分くらい。
歩いても、20分はかからないけど。
でも、日が暮れた夜の村は、真っ暗で、出歩く人などおらず、危険。
荷物(夜食とか服とか)もあるし。
でもさ、おとんの自転車、ブレーキが効かない、前も、後ろも。
どうやって止めるの?両足で止めろ?
あはは、こっちも危険。(笑笑)

 

おとん&おかん、間借り中の家、到着。
「来来」~♪老二の犬。私を覚えている、大歓迎。
CIMG8613 

本日の収穫物。
CIMG8616 CIMG8617 

おとんが並べてくれる!
CIMG8620 CIMG8622

 

こちらが本日のメイン収穫物☆
すでに「jian茶叶」の作業が完了し、いつでも炒できる状態。
CIMG8623 CIMG8624 

なんじゃ今日の原料はっっ!!!
滅茶苦茶すごーーーい♪
白芽が多い!太い!重い!!
えええーー、もしかして、昨日より凄い~☆
香りが、きゃあああーーー、立ち上がる果香!!!昨日より濃いー♪

CIMG8625 CIMG8626

 

おとんとおかんが間借りしている家に、愛子鍋もいる。
おとんも、注文があれば、愛子鍋で炒っている。
注文は、親戚経由で、数日だけ。
注文がないほとんどの日は、その日のうちに、毛茶(精製後の鮮葉の状態)で売る。
愛子鍋の横に、もうひとつ鍋がある!
「忠忠」だ!!

「老二(妹:おとんの長女)」の旦那さま、「忠忠」。
彼が、新しく作ったガス熱源の鍋、「忠忠鍋」だ!!
彼らの家も、同時に取り壊して改築中。
彼も前は柴鍋、でも今はもうない、今年からガス鍋。
で、彼らも間借り中だが、そこには鍋を置くスペースがないので、ここで炒っている。
姉弟揃って、家建て直し中?あはは!
夕食はみんな集まってここで食べる、大人数で毎日賑やか。

そんなこんなで、今春は「忠忠鍋」&「愛子鍋」の競演だー♪
おお、ガス鍋の勉強ができる☆
柴鍋との比較もできる、やった☆
来春には、どちらの家も出来上がっている。
だから、こんなことができるのも、今春限りのこと!!!

 

愛子鍋と柴火とおとんと私♪
CIMG8627 CIMG8629 

CIMG8633

 

炒茶3鍋。
わあああーー、誰かと一緒に近くで炒るの、楽しいねーー♪
もちろんお互いの鍋の中は見れないけれど、炒っている人間同士の声が飛び交う!!!
ああ、この雰囲気。。。、昔(機械炒が導入される前)の龍井を思い出すなあ~~、翁家山村を、梅家塢村を。

 

起鍋時の状態。
CIMG8635 CIMG8636

CIMG8637 CIMG8638

CIMG8639 

炒茶始まると、 起大風。
気候が変わる。
この風は、雨が来る。
明日は雨か?
急に冷えてきた。
明日は最高11度?
昨日今日、20度軽く超えていたのに。
ちなみに、先週は雨、一週間ほど?、気温も低かった。

 

炒茶終わって、みんなでご飯食べて、おとんとおかん以外は、それぞれの間借りしている場所へ帰る。
CIMG8641 CIMG8642

 

私は、おとんと審評してから、宿へ。
CIMG8645 CIMG8643 

CIMG8648 CIMG8653 

CIMG8656 CIMG8658 

終わって23時。

審評中、雨が来た。
かっぱ着て、冷たい雨の中、外灯のない真っ暗な村、でこぼこ小道を、ブレーキ効かない自転車で。(笑笑)

CIMG8663

 

そうだ!
ちょっと寄り道。

宿を越えて、老四の仕事場へ向かう。
ちょうど今ごろ、「碧螺紅茶」を仕上げている頃だろう。
明かりがついている、いたいた。
紅茶仕上げの前に、明朝届ける予定の注文品「碧螺春」の包装中。
外で仕入れた茶葉と、忠忠が炒った数日分を、ブレンドした?
まあそうだろう。
だって、こんなたくさん、一軒の家に「碧螺春」があるわけないじゃない。
老四の実家のは、私がもらっちゃっているし。(笑笑)
包装手伝いながら、おしゃべり。

CIMG8673 

傍らには、萎凋中の本日摘み茶葉。
CIMG8664 CIMG8665

CIMG8666

 

やっと包装終了。
紅茶は明日ホン干してもいいか?だめにきまっているでしょ、今よ今、今やるのッ、手伝うから、さあっっ!

CIMG8667 CIMG8668

CIMG8669

ホン干しながら、紅茶の製茶過程の各原理や、改良すべき点を説明。
明日もみて欲しい?いいよ、手伝うよ。
大丈夫、もっともっとレベルアップできる☆

CIMG8671 CIMG8672

ホン干終了、撤収、帰宅。
老四は間借り中の家へ。
私も間借り中の宿へ。
来春は同じ家に帰る、今春だけ別々。
また明日、おやすみーー☆

ただいま東山!ただいま碧螺春♪

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月11日 15:14

大歓迎されているような大晴天ーー♪

太湖だ!
ぁぁぁ、、、やっと、帰ってこられた。
ずっと、ずっと、帰ってきたかった。

CIMG8460 CIMG8469

 

おっとーん、おっか~ん、ただいまーーー♪

おとん、相変わらず元気でなにより。(笑笑)
おかん、相変わらず何言ってんのか半分わからないよ。(笑笑)
おとん、70を過ぎた。
おかんも、もうじき。
寝る時間早くなった、が、ふたりとも変わらずしっかり働き、しっかりご飯べられている、うんうん、好かった。

CIMG8471 CIMG8473

CIMG8474 CIMG8475 

CIMG8476 CIMG8478

愛子鍋だー☆
鍋前に、立つ。
う。。。嬉しい。。。この感覚。
どこに置いてあっても(現在、おとん&おかん仮住まい中)、この鍋の前は、「自分の場所」だ。
CIMG8510

 

CIMG8506 CIMG8507

CIMG8509 CIMG8511 

 

さっそく炒る☆
おとんが用意してくれていた、2鍋分。
おとんとおかんが摘んだ分。
工人はいない。
昔と違う。
毎日少しずつしか、もう作れない。
おとん&おかん、年をとった。
ふたりで摘める分しか、もう作らない。

CIMG8512 CIMG8513 

CIMG8516 CIMG8517 

うわああーーー、すっっっごく原料が好い!!!
ばっつんばっつんだ、えええーー、最高じゃないかーー、おっと~ん、おっか~ん♪
おおおーーー、「果香」がする☆
なんだなんだ、ビンゴじゃないのーー♪

今の時期のは、需要が高い、欲しい人が多い。
そりゃそうだ、価格も落ち着いて、味わいに深みが増し、一番飲みごたえがある時期。
礼品用にも、飲む人用にも、今の時期の「碧螺春」は、一番人気☆

起火。
炎だ。。。あああ♪

柴の香り。。。時空が飛ぶ。

CIMG8519 CIMG8521

 

おかんが、私のために用意してくれた野草、これ好き。

CIMG8522 CIMG8523

 

さて。
2年炒っていない。
炒れるかな?
覚えているのかな??

CIMG8524 CIMG8525

CIMG8526

うわあーーー☆
覚えている!!
手が、勝手に動く。
何も指令していないのに。
感動っっ☆
すごい、体が覚えているんだ。
すごいすごい、考えなくても勝手に動いているよー。
記憶しているんだね。
人間ってすごいねっっ!!!

 

おとん、横で軍手はめて、準備していた。
が。
『あいや!覚えている、忘れていない。』と、どっかに消えた。
おーい、焼火師、職場放棄するなー。(笑笑)

愛子鍋の前に立ち、茶葉を手にし、「下鍋」した瞬間。。。「時」が戻った。
数年が、一瞬で繋がる。
私、ずっと炒り続けていたみたいだ。

 

熱いっっ!滅茶苦茶熱いぞっっっ!!!
なんて熱いんだ!!!、こんにゃろー、気持ち好いぞーー、最高だーーー!!!やったあああーーーー☆

 

第一鍋で、でっかい水ぶくれいっぱい。
がははーー♪
いきなり、この時期の茶葉からだもんね。(明前より大きい・火力強い・水分多い・熱い)
2年炒っていないからね、そのくらい「ハード」に行かなくっちゃ、くくく。

おとんが洗鍋してくれるの?!
おお、新しいパターンだね。
私炒る人、おとん洗う人。(笑笑)

CIMG8527

CIMG8529 CIMG8530

CIMG8533 

回鍋後、最後、毛を出す所、ふたりで団。
久しぶり、ふたりで炒るの。
おとん、楽しいね~~~♪

 

CIMG8534 CIMG8536 

CIMG8537 CIMG8539

 

1鍋終わって、先にご飯。
開始が遅かったから。
CIMG8540 

 

第二鍋、開始準備。
CIMG8543 CIMG8544 

 

鍋、来た。
熱気、火、今だ。
下鍋(鍋に茶葉を入れる)。
手が、細かい温度変化にも対応している。
すっかり戻っている。

ただいま、碧螺春ー♪

 

第2鍋、終了。
起鍋(鍋から茶葉を出す)。
起鍋しながら、篩いにかける(愛子独自の方法、他ではこんなことしていない)。
CIMG8546 

左画像:茶末(取り外した部分)、右画像:茶葉(残す部分、この後まだ精製する)
CIMG8548 CIMG8549 

 

CIMG8550 CIMG8553 

CIMG8554 CIMG8556 

CIMG8557 CIMG8559

碧螺春♪炒ってまいりますっ!

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年04月11日 09:15

茶友のみなさま&これから茶友のみなさま!
おはようございます、成田です、毎度。。。ではなく、珍しくこの時期に!(笑笑)

ちょっと東山に行ってきますっ♪
12年を最後に、13年・14年と行っていないので、3年ぶり。。。おとん&おかん、元気かなー。

ということで、突然ですが。。。

碧螺春飲みたい人、いませんかーーーー♪
大募集中~~~☆

でも、まだなにも考えていないです。
行ってみないと状況がわからないので。
心のご準備だけ、どうぞよろしくお願いいたします。(笑笑)
できましたら、ご予算という意味で心の数をご検討いただき、メールでお知らせいただけると非常嬉しいーーーっっ☆

炒るのは「後期」の碧螺春です!!!
以前のように、分前や明前や明後などの、超高価なトップシーズン期の碧螺春ではないの。
もうそこは、、、飲みたいけど資金がなくて・・・。
「明後」の中旬~後半にかけて、シーズン後半の、「後期の碧螺春」ですーーっっ☆

「後期」たって、本物の国家標準トップの洞庭碧螺春ですよーーー♪
しかも、もちろん、本物の「老品種(伝統品種)」のみ☆
今日から私が炒り始めますっ!

 

今回は、ネットが無いのでまるっきり音信不通になります!!!
毎日記事を書きためて、ネットが繋がったら(多分帰国日)一気に投稿する予定です。
あっという間に帰ってきます、どうぞお楽しみにねーー。


そうだわ。
今回東山に行くことになったのは、碧螺春を炒るためじゃないです。 ん?
いや、碧螺春を炒るために行きますっ!
が、碧螺春を炒るためだけのために碧螺春を炒りに行くのではなく。。。???
あー、時間がないので、着いたらゆっくり書いていきますね♪

とにかく。
おいしーーーの♪、炒ってまいりまあああ~~~すっっ、るんるんるん♪

書の練成会

  • Posted by: 愛子
  • 2015年03月14日 15:03

茶友のリクエストにより♪
『どんな風に書いているの?見てみたい!』
書の話です。
いつもは自宅でひとりで書くのですが、ちょうど練成会がありましたので、書作中の雰囲気、お届けしまーす!

 

CIMG8395 CIMG8415

CIMG8322 CIMG8398

 

書き立ては、水分が多く動かせないので(無理に動かすと、敗れる・墨が流れる)このまま放置し、しばらく乾かします。
CIMG8400 CIMG8316
その間に、師匠や先輩たちを拝見させていただき、勉強する。

 

こちらは我が師、桑山大道。参考手本、揮毫中。
CIMG8379 CIMG8380

CIMG8382 CIMG8386 

 

さっき書いたのが吊るせる程度まで乾いたら、新しい画仙紙を広げ、また書く。これを何度も繰り返す。

CIMG8411 CIMG8328

CIMG8326 CIMG8334
『ピキッ』、、、おっとっと、勢い余って紙を破ってしまった、手で抑えながらラスト、、、なんか不自然な格好。(笑笑)

 

広い場所があると、一度にたくさん書けて嬉しい。
今年は、4月5月6月と、お茶の方がとっても忙しくなりますっっ☆
なので、書けるときに集中して書く!制限時間までとにかく書く!書く書く書く!!!
CIMG8402

こんな感じです、いかがでした?今回は大字書でした、夏の毎日展に向けて。ではまたー♪CIMG8392

参観atお茶の郷

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年03月06日 12:56
  • その他

訪問at茶葉研究センター(静岡県農林技術研究所)、の続きです。

お茶の郷に到着♪
博物館で各所参考にしながら、堀江博士とふたりで意見交換し、2日間のまとめに入ります。

その前に、お昼ごはん。レストランで。茶そば!!!冷えきった体においしいー♪
CIMG8217

 

博物館に入ると、お茶のサービスコーナーが☆
CIMG8219(1) CIMG8220

CIMG8221 CIMG8223 

CIMG8225 CIMG8224

CIMG8226 CIMG8227

スリランカの紅茶、台湾の東方美人、と、食後のお茶を堪能、まだ入り口です。(笑笑)
参観開始。

世界各国と日本の茶文化と歴史を比較しながら、現代と未来を考え、意見交換。

 

今日は霞がかって見えませんが、お天気が好いと富士山が一望できるそうです。
CIMG8229 
庭園が広がって、東屋が茅葺きで、とても雰囲気が好い♪


うふふ、昔の日本、どんな味のお茶が売られていたのかな。いろんな時代にタイムスリップして飲んでみたいな♪
CIMG8231 CIMG8232 

CIMG8233 

茹でて殺青!確かに、これは簡単に処理が可能だわ。
CIMG8235


日本には、お茶葉を使ったオリジナルの飲み物が、各地にある。
ブクブクー茶だとか、バタバタ茶だとか、ゴロゴロ茶(だったかしら?)だとか。あはは、なんで繰り返しが多いんだ?
そうか☆作るときの「音」から来ているのかな!
CIMG8243 

日本のお茶タイムの景色。こういうミニチュアセット、欲しいなあ♪石臼、茶釜、茶筅、茶碗、急須、湯のみ。
CIMG8242

昔の日本人が設計した製茶機。これ、細かく見ると、本当に感動する。
CIMG8236 CIMG8240 

CIMG8244 CIMG8245

 

館内で自分で挽いたお抹茶が飲める?
やるやる、やりますーーー♪

堀江博士、さっそくスタート☆
CIMG8252

 

「てん茶」を1袋、いただきます。(無料)
CIMG8246 CIMG8247

CIMG8255 CIMG8253 

CIMG8254 CIMG8257
中央の穴から入れて。。。ひたすら回す。下から出てくるお抹茶を集めて、袋に戻す。

その場で飲みたい場合は、セットレンタル。(50円)
CIMG8260 

あれれ?。。。堀江博士、私よりずいぶん早く始めたのに、まだ終わっていない???
CIMG8256
なるほど、石臼にも「個体差」があるようです!!!。。。全部回してみました。(笑笑)

CIMG8261 CIMG8262
挽きたて☆おいしいですね~~♪ 係りのお姉さんがお手伝いしてくだるので安心。

 

こちらは、特別展示コーナー。
CIMG8263

昔の茶箱。目張り紙代わりに当時の伝票が貼ってある、年代がわかる。すごーい♪
CIMG8264 CIMG8265 

おおおーー。木jia!日本にもあるじゃないか!!!昔はあったんだ~。
CIMG8269

すごい☆この竹笊、素晴らしい。。。
CIMG8270 CIMG8271
ああーーー、こういうのが(原料・技術)欲しい。こういうレベルのが作れる人、どこかにいないだろうか。。。

 

ということで、この後、午前中に県の研究者さんに教えていただいていた、竹細工の道具屋さんへ移動!!!

私が欲しいのは「箕」、その情報。
しかし、それを作れそうな職人さんがひとりいらっしゃったそうですが、残念ながら、3年前に。。。
その後、作れる人の情報はないそうです。

 

こうして、2日間の任務、無事に完了☆
夕暮れ時、堀江博士に金谷駅まで送っていただきました、最後まで本当に感謝です。

大変有意義な時間で、且つ、考えることが非常に多く、また課題もたくさん見つかりました。
お世話になったみなさま、本当にどうもありがとうございました。
またの機会にお目にかかれる日を、楽しみにしております♪

 

さて、東京へ帰りましょうー♪
と、ここで、連絡あり。。。まだ終わらなかったーーーっっ、予定変更だ!!!

静岡3日目、へ続く。

訪問at茶葉研究センター(静岡県農林技術研究所)

  • Posted by: ChinatyParty
  • 2015年03月06日 12:30
  • その他

セミナー講師at金谷茶葉研究所(農研機構・野菜茶葉研究所)、の続きです。

2日目。
朝から静岡県の茶葉研究センター静岡県農林技術研究所)さんです♪

年末に、ほたかげさんから静岡の生産家さんの半発酵茶の製茶について相談を受けており、そのこともあって、
県の発酵茶ラボについて伺っていたところ、堀江博士がご担当者にアポを取ってくださり、訪問見学が実現。
ご担当の研究員さんは、昨日のセミナーにお越しくださっていましたので、お目にかかるのは2回めです!!
どうぞよろしくお願いいたします☆

 

こちらで、予定の時間を上回り、たーーーっぷり使わせていただきました♪
昨日の様子(県の研究員さんと私の会話)から、堀江博士もそうなることを予想していらしたご様子で、
「きっとおふたりでお話が盛り上がることでしょうから、こちらの時間は気にせずにどうぞ」とおっしゃってくださり、
、、、本当に気にしませんでした、すみません。(笑笑)

だってここは、お茶を作る場所、興味あるものの宝庫☆
茶葉は無くても、見ているだけでワクワクします。
それらの機械を前に、実際に研究製茶なさっている方とお話ができるのですから!

知らない機械も、知っている機械も、見れば実際の製茶の様子が浮かび、いろんな質問が出てきます。
ひとつひとつの機械の前で、担当の研究員さんと話が止まらないっっ♪

寒い中(この日はとても寒かった)何時間も立ちっぱなしで(多分、3時間半くらい)、私のいろんな質問に対し、
ひとつひとつ丁寧に説明してくださり、いろんな意見交換をさせていただきました。
本当に楽しい時間で、そしてとても勉強になり、また考えさせられることが多く、ひたすら感謝です。

それでは、どうぞ~。
各画像の説明等は、割愛させていただきますね、、、すみません、時間の関係上、、、。(笑笑)

 

まずは、半発酵茶(青茶=烏龍茶)のラボ

なんだこれは♪初めてみるスタイルの鉄鍋☆
CIMG8142 

なるほど!!!使ってみたいなあ!
CIMG8143 CIMG8146

台湾の、なのでステンレス製。ステンと鉄の殺青の違いについて。揉捻機もステン。
CIMG8148 CIMG8149

撹拌機(揺青機のこと)、うーん、、、これはどうなんだろう?
CIMG8151 CIMG8150 
実際に動かしてくださる!なるほど。いろんな工夫をされていらっしゃることが分かる。

萎凋室。ここでもいろんな意見交換。具体的な茶葉変化の様子が出てくる、いろいろ考える。
CIMG8153 CIMG8152

 

次に、発酵茶(紅茶)のラボ

おおおー。すごい☆
CIMG8155

なんだこれはーー☆これはたまげた☆すごい!すごいすごい!!
CIMG8156 CIMG8157
同じ目的の機械は他国にもあるが、ここまでの精巧さ・クオリティはあるまい。。。日本人の職人の魂を感じる☆
なんて感動的なんだ。。。まだある?どこどこ?どこですかーー。

おおおー☆ここにも一台あった! !!すっご~~。。。これ(歯)を作った人に、私は会いたい。
CIMG8159 CIMG8160 CIMG8162
残念ながら、もう作れる人はいないらしい。これも何十年も前に制作されたもの。今なお現役。
手入れさえ間違いなければ、100年先でもこれは現役だ。なんと素晴らしい、、、動いているところを見てみたい。

海外製の揉捻機。手打ちの筒に惚れた!これを打った人に会いたい。なんだなんだ、穴が空いているぞ?
CIMG8164 CIMG8165

なるほどーー!
CIMG8166 CIMG8167

 

日本人らしい形状の昔の竹籠。日本人って、すごいよなあ~。このスタイルは多分日本だけなのでは?
この竹籠から、当時の様々な事が想像できる。
CIMG8168 
この竹籠を作った人に、私は教わりたい。しかし、残念ながら日本でも、これを作れる人はもういない。

 

続いて、緑茶のラボ。

昔の機械がーーー♪わあーーー。素晴らしい!!!!!!
CIMG8169 

小ロット用のミニミニ機械たち☆滅茶苦茶使ってみたいーーー♪
CIMG8170 CIMG8171

CIMG8172 CIMG8175

CIMG8177 CIMG8178

CIMG8179 CIMG8180

CIMG8181 CIMG8184

CIMG8182 CIMG8185 
かーーわーーーいい~~~♪手のひらサイズ、おとんに見せてあげたい!
いや。。。、中国にもあるなあ、そういえば。この大きさ、龍井の梅家塢のおじちゃんの家にもあった、木製のが。

CIMG8186 CIMG8187

またまた感動☆こ・こ・これはすごい!!!。。。この機械を作った人が、何を考え何をやりたかったか、すごく解る☆
CIMG8189 CIMG8190
これを作った人に会いたい。そして、一緒に作りたい。
自分がやりたくて、やってきたことも、こういうことだよ。。。

なんと素晴らしい。。。使えるものなら、私も使いたい。
CIMG8191 CIMG8192

CIMG8193 

 

私の「ある質問」から、研究員さんが『あります!少しお待ちいただけますか。』とおっしゃって、
ラボではない実際の工場を、特別に開けて案内してくださいました。

CIMG8196

 

おおおーーー♪こ・これは!また珍しい☆(お借りしているものだそうです。)
CIMG8197 CIMG8199
昔の珍しい柴鍋を、現在使えるように工夫されています、 これは感動。

実際に動かしてくださいました!!!茶葉の動きが知りたい私のために。実験用の茶葉を使って♪
CIMG8202 CIMG8203 
鉄鍋の中の茶葉、初めて見る動きだ。興奮する。

他の機械も実際に動かしてくださる。。。「ここから、こっちにきて、、、、」、なーるーほーどー。
そしてまた、意見交換に花が咲く。
CIMG8205 CIMG8204 

 

ある疑問が湧く。
この鍋って、本当にその目的だけだろうか。いや、きっと違うはず。。。
鍋の前に立って、実際に手を動かし、昔の人を想像してみる。。。、と、閃いた☆
CIMG8206 CIMG8208
これ、多分、他の目的でも使っていたはずです!!!
こうして、、、こうすれば、、、ほら!!!可能ですっっ☆できますーー♪


なんか嬉しい♪鉄鍋、好き。(笑笑)
CIMG8210

気がつけば、すっかりお昼休みの時間に突入。

本当にたっぷりと、どうもありがとうございました。
いつか機会があれば、実際に稼働しているときに拝見させてください!どうぞよろしくお願いいたします♪

 

日本茶の芽は、まだ寝てますね。。。やぶきたさん、またねっ♪
CIMG8212 CIMG8213 

CIMG8214

 

参観atお茶の郷、に続く。

More...

Home

Search
Feeds
sponsordlink
tools
PING plus

PING送信プラス by SEO対策

Page Top